ページのトップへ

Dr.紹介

神吉産婦人科からのごあいさつ

この度、平成31年4月より父 神吉秀一から院長職を引き継ぐこととなりました。

当院は平成6年に開業以来、生涯にわたる女性の健康を支援してまいりました。
その意思を受け継ぎ一人でも多くの患者様に寄り添い、安心で安全な質の高い
医療を提供し、わかりやすい説明と気軽に何でも相談できる身近な医師で
あれる様に心掛けていきたいと思っております。
尚、神吉秀一は名誉院長として引き続き診療を行います。

開院当初に当院でお生まれになった赤ちゃんがお母様になられるという
嬉しいことも増えてきています。
地域の皆様に愛される産婦人科を目指してスタッフ一同頑張ってまいります。
今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。

院長 神吉 一良

ドクター一覧

【院長】 神吉 一良
医学博士
産婦人科専門医・母体保護法指定医
日本周産期・新生児医学会会員
日本妊娠高血圧学会会員
【略歴】 平成16年 川崎医科大学卒業
大阪医科大学にて臨床研修後
大阪医科大学産婦人科学教室入局
国立循環器病研究センター、市立ひらかた病院勤務
平成28年9月まで大阪医科大学産婦人科助教
【名誉院長】 神吉 秀一
医学博士
産婦人科専門医・母体保護法指定医
不妊学会会員
子宮内膜症研究会会員
【略歴】 昭和47年大阪医科大学卒業
昭和56年4月より平成6年6月まで済生会野江病院医長
平成6年8月1日より当地にて開業
【外来担当医】 髙村 伸雄
医学博士
産婦人科専門医・母体保護法指定医

個人情報の保護について